思わぬ症状が起こることも

座る女性の姿勢

毎月生理痛の辛い痛みを抱えている方にとって低用量ピルはまさに救いの神。
ただしそんな生理痛に効果のある低用量ピルは、時には思わぬ症状を引き起こしてしまうこともあるんです。
低用量ピルを使い始めると、体の中にエストロゲン・プロゲステロンという2種類の女性ホルモンが入ることになります。
その結果、妊娠中と同じホルモン環境を作り上げることになりますので、最初のうちは体が違和感を感じてしまうんです。
それが副作用となって、頭痛や吐き気、不正出血、乳房の張り、倦怠感などといったつわりのような症状を引き起こしてしまいます。
せっかく生理痛を軽減させるために低用量ピルを飲み始めたのに、結局辛くなってしまうなんて…と思うかもしれませんが、全員に必ずしも起こるというものではないので安心して下さい。
生理痛を軽減させるために服用したけれど何のトラブルもなかったという方もいますし、こういった副作用を感じていても2週間もする頃には落ち着いたという方がほとんどなんです。
一時的なものなので、低用量ピルを服用し続けることでホルモン環境が安定し、いつの間にか副作用も消えていくはずです。
ただし、乳房の張りは比較的長く続くこともありますし、想像よりも長い期間気持ち悪さに耐えなければならないこともあります。
自分にどういった症状が起こるのかということは実際に飲んでみないと分からないことですが、あまりに副作用が辛かったり心配なことがあるのであれば、一度クリニックで先生に相談してみて下さい。