生理痛に効く理由

薬を持つ手

低用量ピルといえば、避妊薬のイメージを持っている方が多いと思います。
確かに低用量ピルは、毎日1錠ずつ服用すればほぼ確実に避妊することができるお薬ですね。
この避妊効果と同じように生理痛を軽減させられるのも低用量ピルの効果です。
なぜ低用量ピルを服用することで避妊効果や生理痛を軽減させられるのかといえば、低用量ピルに含まれる女性ホルモンが影響しているからなんです。
低用量ピルには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが配合されています。
この2つの女性ホルモンが持つ子宮内膜の増殖を抑制する働きのおかげで、辛い生理痛が軽減されるんですよ。
そもそも生理痛というのは生理中に起こるものですが、痛みの原因は子宮内膜の中に含まれる「プロスタグランジン」という子宮の収縮を促す物質が大量に分泌されてしまうせいなのです。
子宮の収縮が激しくなると、下腹部痛や頭痛、腰痛といったあらゆる場所がキリキリと痛み出します。
その生理痛を毎月のように感じている方が低用量ピルを服用すると、子宮内膜の増殖が抑制されてプロスタグランジンの分泌を減少させてくれます。
そのことで生理痛が嘘のように軽くなり、学校や仕事を休むことなく元気に外に出られるようになるというわけです。
どうですか?低用量ピルの効果を知って少し興味を持たれた女性も多いのではないでしょうか。
絶対に今よりも生理を楽にすることができますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。